Home » 社会福祉法人会計システム

社会福祉法人会計システム

 

社会福祉法人会計システムの特徴

  • 予算管理
    予算額や摘要を直接入力し、予算書作成を行うことが可能なほか、予算の算出根拠(計算式)を入力することで自動的に予算額を計算し、予算書作成に掛かる時間を短縮します。

  • 伝票入力
    伝票入力時点の予算額・累計額・予算残高をリアルタイムに確認することができます。
    日付を遡っての伝票入力や伝票修正を行うことができます。

  • 社会福祉法人会計基準に準拠
    日々の伝票を入力するだけで、資金収支側の仕訳を自動的に起票し、元帳・試算表・決算書等 各種帳票の金額を計算します。

  • 共通経費の按分処理(随時処理)
    複数の経理区分(事業)に共通する収入及び支出について、設定した按分率に基づき各経理区分へ金額を按分します。

  • 共通経費の配分処理(月末処理)
    複数の経理区分(事業)に共通する収入及び支出について、指定期間内の金額を集計し各経理区分や各事業へ配分します。

  • Excelでの編集
    各種データをExcelへ出力し、オリジナルの報告資料や内部資料を作成することができます。